平成29年度会長 辻本 隆 挨拶
平成28年度会長 本田 清秀 挨拶
平成27年度会長 石井 幸生 挨拶
平成26年度会長 千葉 憲哉 挨拶
平成25年度会長 溝越 孝 挨拶
平成24年度会長 古川 泰蔵 挨拶
平成23年度会長 野田 弘之 挨拶
平成22年度会長 高尾 茂 挨拶
平成21年度会長 八江 利春 挨拶
平成20年度会長 黒田 隆雄 挨拶
平成19年度会長 山口 洋樹 挨拶
平成18年度会長 白倉 一男 挨拶
平成17年度会長 武田 義憲 挨拶
平成16年度会長 森 栄一郎 挨拶
平成15年度会長 横尾 真一 挨拶
平成14年度会長 鈴木 忠義 挨拶
平成13年度会長 鈴木 二郎 挨拶
平成12年度会長 鶴川 浩基 挨拶
平成11年度会長 杉原 宏一 挨拶

2018年08月08日

201819kaichou.jpg
会長 芦塚 文美



2018−2019年度 会長所信表明

 今年度のバリー・ラシンRI会長のテーマは「インスピレーションになろう」です。
 「ロータリーは、絶えず進化して来た。ロータリーは、ずっとポール・ハリスの思い描いた団体であり続けるが、今後はもっと前向きな変化を生み出す必要がある。ロータリーは、私たちに可能性を示し、意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーション」になるための道を拓いてくれる。」と述べています。
 国際ロータリーの説明では、インスピレーションする人(鼓吹・激励・実行する人)になろうと解釈して下さいと言われています。

 RIの運営方針は2017年9月発表の「ロータリービジョン声明」に従って活動しよう。10月24日は「ロータリーDAY」、その日に合わせて事業をしてほしい。「マイロータリー」への登録促進、外部への広報などです。
 また、2740地区の福田金治ガバナーの運営方針は、
本年度は、RIターゲットを地区のターゲットとする。
 ロータリー財団への寄付目標額は、1人平均150ドル/年間
 米山記念奨学会への寄付目標額は、1人平均16,000円/年間
 会員増強数は決めないが、新入会員勧誘しながら退会防止をしよう。
  1)新会員研修会を毎年必ず実施
  2)新会員にはカウンセラーを付ける などです

 今年度の運営方針は、CLPに添った「組織の改編」、会員相互の「協力・団結」、会員相互の「親睦」を重点目標にします。

 まず、五大奉仕委員会から五大常任委員会への新しい組織を理解しましょう。また、(千葉)ガバナー輩出や留学生受け入れによる人的・物的な事柄にも、皆で一緒に取り組めるようにして団結を図りましょう。そして退会防止や会員増強のためにも社会奉仕・国際奉仕・クラブ奉仕(例会・親睦)等を充実させていきましょう。

 また、未来に繋げるために、CLPに準じたクラブ活性化委員会を発足しましょう。クラブ満足度やマイロータリーの調査をしてみましょう。地区出向者との連絡会や退会防止、リスク管理についても考えてみましょう。

 忙しさの中にも各々が安らげるようなクラブになるように辻幹事と共に、一年間頑張りたいと思います。会員皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
posted by 諫早北ロータリークラブ at 11:27 | 会長挨拶